[改訂第3版]Linuxコマンドポケットリファレンス

【最新 – Linuxを学ぶおすすめ本 – 入門から応用までリストアップ!】も確認する

ひと目で確認!

Linuxコマンドが体系的にまとまっているので、その都度ネットで調べるよりも効率が良いです。辞書的な感覚で、豊富な情報を扱うことができます。Linuxを使う方は、ぜひ手元に置いていただきたい1冊です。

沓名亮典 (著)
技術評論社 (2015/6/5)、出典:出版社HP

はじめに

UNIXの基本思想の1つに「keep simple」があります。この「keep simple」は OSに用意されているコマンドそれぞれの機能がシンプルであることを意味します。しかし、実際はオプションなどの使用方法が複雑である場合が多く、ユー ザにとっては本当にシンプルとは言えません。

コマンドのオプションなどを駆使するためには、使うコマンドがどのような動きをするのか理解しておく必要があります。しかし、コマンドに与えるオプションや 引数などは使用頻度が高いものでないとなかなか覚えられません。また、コマン ドにはそれぞれマニュアルが用意されており、近年マニュアルの日本語化も進み ましたが、まだまだわかりにくいものも存在します。

本書もおかげさまで改訂第3版までこれました。初版では「著者が欲しいコマンドリファレンス」をコンセプトに、できるだけわかりやすく書くことを目標にしました。今回は「使えるコマンドリファレンス」を目標に、わかりやすさは変わらずに、さらに実用的なサンプルを厳選/充実させました。また、利用しているLinuxディストリビューションになるべくとらわれずに多くの方の手にとっていただけるよう、複数のLinuxディストリビューションでのコマンドの実行テストを行っています。Linux経験者でも未経験者でも、この本を手にとり、めくったページの サンプルが業務や趣味の助けになり、新たな発見があれば幸いです。

この執筆の機会を与えていただき、遅れる脱稿を辛抱強く待ってくれた技術 評論社編集者の春原さんに感謝します。本書のレビューを引き受けてくれた飲み仲間の助台良之さん、同僚の安藤葉子さんと高田芳和さんに感謝します。お かげで最高の1冊ができました。また、本業から帰ってきたあとや、休日にPCに 向かって執筆する私を温かく見守って支援してくれた妻と無邪気な笑顔で邪魔 しにきてくれた娘に感謝します。あなた達のおかげで最後までがんばれました。

著者 沓名亮典

沓名亮典 (著)
技術評論社 (2015/6/5)、出典:出版社HP

本書を使用する前に

キーフォントについて
本文や表内に以下のようなキーフォントが登場します。

セクション番号
本書では、コマンドやオプション関数などを「man(1)」のように表記しています。 「man(1)」の「(1)」はセクション番号を示します。この番号には以下に示す意味があります。
●セクション番号

本書の見方
本書は大きく分けて、タイトル/書式/本文/使用例で構成されています。以下に各パ ートの見方を示します。

タイトル

①コマンドの用途を示す
②コマンド名を示す
③用途が似ているコマンドなどを記載
④対象コマンドがどのパッケージに対応しているか、ディストリビューションごとにそのパッケ ージを記載
(注)DはDebian/GNU Linux、UはUbuntu、FはFedora、CはCentOSを表す。なお「シェル組込み」はbashシェルでの組み込みを示す

書式

①コマンドの構文。省略可能な場合は[ ]を付加
②オプションを示す。同じ用法のオプションが複数ある場合は、ショートオプションを上段、ロングオプションを下段に記載

使用例

①太字はユーザが入力する部分を示す
②細字は表示結果などを示す
③色文字は該当部分についての説明を示す
④使用例が複数ページにわたることを示す
⑤はさみマークは以下省略の場合を示す
(注)コマンド行が複数行にわたる場合は、行の最後に (バックスラッシュ)を入れている

目次

はじめに 本書を使用する前に
本書の見方
目次
アルファベット順索引

Linux を使いこなすための基礎知識

■ Linux とは
■コマンド実行前の注意事項.
ユーザの権限
コマンドの入力方法
システムの終了方法
■コマンドの実行方法 .
オプション
引数
PATH
アクセス権
■コマンドの探し方
コマンドの使い方を調べる
■標準入力/標準出力/標準エラー出力
■エディタの使い方 (vi)
vi のモード
vi の基本操作
■エディタの使い方 (nano)
nano の基本操作。

コマンド編

エディタ/ページャ
テキストファイルの内容を表示するless
さまざまな言語や文字コードのテキストファイルを表示する lv
行単位でテキストファイルを編集するed

ファイル/ディレクトリ管理
ディレクトリの内容を表示する Is
ファイルやディレクトリのリストを木構造で表示するtree
作業ディレクトリを移動する cd
作業ディレクトリのパスを表示する pwd
ファイルやディレクトリを移動/名前を変更する mv
ファイルやディレクトリをコピーする cp
ファイルをコピーしてアクセス権限を設定する install
ファイルを変換してコピーする dd
ディレクトリを作成する mkdir
空のディレクトリを削除する rmdir
ファイルやディレクトリを削除する rm
ファイルを安全かつ完全に削除する shred
空ファイルを作成する/アクセス時刻を変更する touch
ファイルの種類を判定する file
ファイルやファイルシステムの状態を出力する stat
ファイルへのリンクを作成する In
シンボリックリンク先を表示する readlink
ファイルやディレクトリのアクセス権限を変更する chmod
ファイル所有権やグループ所有権を変更する chown
ファイルのグループ所有権を変更する chgrp
ext2/ext3/ext4 ファイルシステム上のファイル属性を表示する Isattr
ext2/ext3/ext4 ファイルシステム上のファイル属性を変更する chattr
ファイル作成時に所有権のマスク値を変更する umask
条件を絞ってファイルを検索する find
入力を引数にしてコマンドを実行する xargs
コマンドのフルパスを表示する which
ファイル名データベースからパターンに合ったパスを出力する locate
ファイルパスからファイル名のみを表示する basename
ファイルパスからファイル名を除去して表示する dirname
1つのファイルを複数のファイルに分割する split
ファイルを指定したサイズに切り詰める/拡張する truncate
MD5/SHA1 メッセージダイジェストを出力する md5sum/sha1sum
バイナリファイルをテキストファイルに変換/復元する uuencode/uudecode
入力を Base64 エンコード/デコードして出力する base64
形式アーカイブを作成/展開する tar
gzip形式アーカイブに圧縮/展開する gzip/gunzip
bzip2 形式アーカイブに圧縮/展開する bzip2/bunzip2
複数のファイルをまとめてZIP 形式アーカイブに圧縮する zip
ZIP 形式アーカイブを展開する unzip
LHA 形式アーカイブを展開する lhasa
RAR 形式アーカイブを展開する unrar
アーカイブへコピーする/アーカイブからコピーする cpio
ディレクトリをスタックに追加/削除/表示する pushd/popd/dirs
一時ファイル/ディレクトリを作成する mktemp
ファイル名の文字コードを変換する convmv

パッケージ管理
RPMパッケージを管理する rpm
RPM パッケージ形式から cpio ファイル形式に変換する
rpm2cpio
a
依存関係を含めて RPM パッケージを管理する deb パッケージを管理する apt パッケージのメタデータを処理して情報を出力する apt ライブラリを使用してパッケージを管理する (aptitude) apt ライブラリを使用してパッケージを管理する (apt-get) バイナリパッケージを他のフォーマットに変換する
yum
dpkg pt-cache aptitude
apt-get a lien
■ ユーザ管理
ユーザアカウントを作成する (パスワード設定無し)
useradd
adduser
ユーザアカウントを対話的に作成する ユーザアカウントを削除する
userdel
ユーザアカウントを削除、グループの所属から削除する
deluser
ユーザアカウント情報を変更する
usermod
グループを作成する
groupadd
グループを削除する
groupdel
グループの設定を変更する
groupmod
ログインシェルを変更する
chsh
ユーザ情報を変更する
chfn
ユーザのパスワードを変更する
passwd

沓名亮典 (著)
技術評論社 (2015/6/5)、出典:出版社HP