みんなのAWS 〜AWSの基本を最新アーキテクチャでまるごと理解!

AWSの活用技法がわかる!

クラウド基盤として利用されているAWSの基本から関連知識、概要までわかりやすく解説されています。基本だけでなく、Webアプリケーション構築のポイントやデータ分析や可視化など、最新アーキテクチャも学ぶことができます。

菊池 修治 (著), 加藤 諒 (著), 城岸 直希 (著), 甲木 洋介 (著), 濱田 孝治 (著), 藤井 元貴 (著), 渡辺 聖剛 (著), & 3 その他
出版社: 技術評論社 (2020/4/17)、出典:出版社HP

ご利用の前に必ずお読みください

本書は紙書籍「みんなのAWS AWSの基本を最新アーキテクチャでまるごと理解!』(ISBN978-4-297-11329-2)を元に製作した電子書籍です。紙書籍とはデザインやレイアウトが異なり、ご覧になる端末により表示が異なる場合があります。表示設定は端末の標準設定を推奨します。配信後に補足訂正等でデータの再配布を行う場合があります。更新方法は購入先の電子書店のヘルプ等をご確認ください。

本書は情報提供のみを目的としており、掲載内容の運用結果について技術評論社および著者は一切の責任を負いません。掲載内容は特に断りのない限り執筆時点より以前の情報のため、変更される場合があります。特に、ソフトウェアはバージョンアップされる場合があり、本書での説明とは機能内容や画面図などが異なってしまうこともありえます。
以上をあらかじめご承諾の上、ご利用をお願いします。
本文中に記載されている製品の名称は、すべて関係各組織、各社の商標または登録商標です。

■ご購入前にお読みください
【免責】
・本書に記載された内容は、情報の提供だけを目的としています。したがって、本書を用いた運用は、必ずお客様自身の責任と判断によって行ってください。これらの情報の運用の結果について、技術評論社および著者はいかなる責任も負いません。
・本書記載の情報は、2020年3月現在のものを掲載しています。ご利用時には変更されている場合があり、本書での説明とは機能内容や画面図などが異なってしまうこともあります。
・Webサイトの変更やサービス内容の変更などにより、Webサイトを閲覧できなかったり、想定したサービスを受けられなかったりすることもあり得ます。

以上の注意事項をご承諾いただいた上で、本書をご利用願います。これらの注意事項をお読みいただかずにお問い合わせいただいても、技術評論社および著者は対処しかねます。あらかじめ、ご承知おきください。

【商標、登録商標について】
本文中に記載されている製品の名称は、すべて関係各社の商標または登録商標です。本文中にTM、®︎、©︎は明記していません。

図版で使用しているAWSのアイコン類は、Amazon Web Services社提供のものを使用しています。
https://aws.amazon.com/jp/architecture/icons/

はじめに

本書はAmazonが提供しているパブリッククラウドサービス、AWS (Amazon Web Services)を活用するための本です。エンジニアの皆さんが、より実践的にAWSを利用し、さまざまな分野で活躍していただけるように現場のノウハウをたくさん詰め込みました。実際に手を動かしながらAWSのプラクティスを学び、実際の開発現場で生かしていただきたいと思います。

各章の内容は、AWSを専業とし、さまざまな経験を積んでいるエンジニアによって執筆されています。これからAWSを導入される方でもスムースに移行できるよう、ITインフラの歴史から、クラウドが登場した背景、クラウドサービスの特徴などについても解説しています。本書の後半では、ベストプラクティスを学びながらより実践的な環境を構築します。一般的なWeb構成からサーバーレス環境、IoTに至るまで、AWSの各種サービスを実践的に学ぶことができます。さらに、AWSを利用するうえで重要なセキュリティや監視、Infrastructure as Code(IaC)、コストの考え方についても触れています。
さあ、楽しいAWSの世界へ一緒に進んでいきましょう!

菊池 修治 (著), 加藤 諒 (著), 城岸 直希 (著), 甲木 洋介 (著), 濱田 孝治 (著), 藤井 元貴 (著), 渡辺 聖剛 (著), & 3 その他
出版社: 技術評論社 (2020/4/17)、出典:出版社HP

本書のサンプルコードのダウンロード方法
本書に掲載しているコードはすべてGitHubで公開しています。次のリポジトリにアクセスし、ダウンロードしてください。
■aws-for-everyone | GitHub
https://github.com/classmethod/aws-for-everyone
クラスメソッドが運営する技術メディアサイト「Developers.IO」について
本書の解説では、各所で参照記事として技術メディアサイト「Developers.IO」(https://dev.classmethod.jp/)のリンクを掲載しています。Developers.IOでは本書著者陣をはじめとしたクラスメソッド株式会社の社員が、AWSはもちろん、モバイル、ピッグデータ、サーバーレスなどさまざまなトピックの記事を多数掲載しています。本書のリンク先には関連技術記事がありますので、参考にしてください。

本書サンプルの動作環境
本書のサンプルアプリケーションは、以下の環境で動作することを確認しています。

目次

はじめに
本書サンプルの動作環境

第1章 AWSの基礎知識
1.1 クラウドとは
千葉淳
1.2 AWSのベストプラクティス
千葉淳
1.3 最低限押さえておくべきアカウント開設時のセキュリティ
臼田佳祐
1.4 AWSにおける監視(モニタリング)
渡辺聖剛
1.5 AWSを学習するコツ
千葉淳
第2章 AWSで作るWebサービス
2.1 本章で解説するアプリケーションの全体構成と利用するAWSサービス
濱田孝治
2.2 AWSのネットワーク基礎
菊池修治
2.3 アプリケーション構築・運用手段としてのコンテナ関連サービス
濱田孝治
2.4 CI/CDを実現するCodeシリーズ
濱田孝治
2.5 モニタリング:障害監視、リソース監視
江口佳記
2.6 アプリケーションセキュリティ
臼田佳祐
2.7 コードによるインフラの運用管理
濱田孝治
2.8 CloudFormationを利用したコンテナアプリケーション構築
濱田孝治

第3章 サーバーレスプラットフォームで作るモバイル向けアプリケーション
3.1 サーバーレスアーキテクチャとは
城岸直希、加藤諒
3.2 サーバーレスを実現するAWSサービス
城岸直希、加藤諒
3.3 構築するアプリケーションの全体構成
城岸直希、加藤諒
3.4 クラウド開発キット(AWSCDK)の準備
城岸直希、加藤諒
3.5 バックエンドアプリケーション(API)の構築 [API Gateway、Lambda、
DynamoDB]
城岸直希、加藤諒
3.6 フロントエンドアプリケーションの作成 [Vue.js、PWA]
城岸直希、加藤諒
3.7 フロントエンドアプリケーションの配信 [Amazon S3、AWS CloudFront]
城岸直希、加藤諒
3.8 サーバーレスアプリケーションのモニタリング
渡辺聖剛

第4章 AWSで作るデータの収集・可視化基盤
4.1 AWSで作るデータ収集基盤
藤井元貴
4.2 データ分析の基本知識とAWSサービス
甲木洋介
4.3 データレイクを構築する
甲木洋介
4.4 データウェアハウスを構成し、グラフ表示する
甲木洋介
4.5 機械学習を導入する
甲木洋介
構築したシステム(AWSリソース)を削除する
甲木洋介、藤井元貴

索引
執筆者プロフィール

菊池 修治 (著), 加藤 諒 (著), 城岸 直希 (著), 甲木 洋介 (著), 濱田 孝治 (著), 藤井 元貴 (著), 渡辺 聖剛 (著), & 3 その他
出版社: 技術評論社 (2020/4/17)、出典:出版社HP